スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ふとした瞬間、思い出す音楽が貴方には有りますか?
2013-07-23 Tue 05:35
おはようございます。

寝ようと思って寝れずに音楽聴きながら珍しく直書きで記事書いてる管理人秋桜です。

いつもは記事が消えるのでワードで下書きしてたりします…。その方が作業早いですし…。(焦)

いやぁー、なんかね…、寝たいんですけれど、昨日寝過ぎたせいか眠気がきません。

今日も午後から仕事なんですけれど…、大丈夫ですかね?自分って感じがします。

そして↓↓が本日聞いてるBGMです。



昨日仕事中にふとした瞬間に思い出したので本日のBGMに使ってみました。

ひぐらしのなく頃にというゲームで『you』という曲なのですが、いろいろネットにはアレンジバージョンとかも載ってたりします。

昨日はメイプルしながらこちらのアレンジ集と言うものがあったのでそれ聞いてました。

聞きながら黄さんとスカイプで通話してたら「you聞くとパチスロ思い出す。」とぼやいていましたがそんな事知りません。(藁)

一昨日寝た時に見た夢が懐かしいものだったのできっとこれが思い浮かんだのでしょう。

貴方には思い出に残る曲が有りますか?

たまには思い出したりしてますか?

思い出は大切ですのでたまには振り返ってあげて下さい。


前回書いた記事…、あの後いろいろありました。

まぁいつもの事でさらりと流していただければ良いでしょう。

ちょっとした覚悟決めてから新職をしようと決めていたので、あの記事を書きあげたらゼノンするんだってメイプルの知人には言ってましたね。

まぁあの記事が気になってこの曲を思い出したのかもしれないし、夢のせいかもしれないし…、大切な者が消えた時期が近づいてきたからきっと懐かしさを求めてこの曲を思い出したのか…、どれかはっきりしませんけれど、懐かしい…、そう感じたので時は流れてるんだなって思いました。

言いたい事がごちゃごちゃしてるぜ?って言われたら、そうでしょうね。

だって、まとめる気なんてありませんから。(藁)

あぁ、また本題からずれている…、最近ずれが酷くって…、何に対してもずれてますね。(焦)

まぁ今日使ったBGM聞きながら狩りをしていたわけですよ、珍しく聞き飽きなくって頑張って育ててました。

Maple130723_035353.jpg

↑↑見づらかったらクリック推奨です。

ちょっとした覚悟決めてゼノン作ってきました。(どんな覚悟をしたかはご想像にお任せします。)

♂と♀とりあえずどっちも作りました。

どっちも2次転職は済ませてきました。

♂の方は知ってる方は知ってると思うのでそれはそれで、こっちはこっちでのんびり時間見つけてやろうと思います。

今時女子風、女子のサングラスは最強だと思う今日この頃…、ゼノンはしゃべってる声が可愛い&カッコいいと思います!!

デーモンアヴェンジャーはどんな風にしようか今から密かに楽しみです。

あ、書かなければ成らない記事があったのですがそれすっ飛ばしてこちらを書いてる自分…、もちろん書かなければ成らない記事は後日暑くて寝れない時にでもひっそり書いておこうと思います。

さてと、それでは寝ようか、おやすみなさいです。
スポンサーサイト
別窓 | メイプルストーリー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
Memory、色褪せた記憶と共に新たな記憶はやって来るのです。
2013-07-18 Thu 03:00
愛読のブログ様の記事を読んで涙した管理人秋桜です。

タイトルはその想いからつけました。

分類がメイプルなのは、メイプルの事を考えて書いたからただそれだけなのです。

今回の記事は自分が書き綴りたいから書いたそれだけなのです。

誰に宛てて書いているかは管理人だけが知って居れば良い事なので名前を出す必要性は無いと思ってます。

もしかしたら管理人自身に宛ててなのかも知れないし、今は会えない旧友に宛てて書いているかもしれない、滅多に見かけない友達に宛てているのかもしれない、特にこれと言って決めて書いてるわけでは無いのです。

思った事を書き綴った為、ですます口調じゃない言い方を使ってたり、同じ事繰り返してたり…、長い長過ぎると思える位長くまとめず綴るので時間ある時にでも目を通してやってくれたら良いなとその程度思ってたりするのです。

これは自分宛に…、かもしれないし誰かに宛てて書いてるのでは無いのかも知れない。

だから、読者様には見づらいのも解って書き綴っている。

色褪せた記憶と共に新たな記憶はやって来る。

忘れていた記憶。

懐かしさ込み上げて来る感情。

あの頃は右も左も解らない自分はメイプルへ誘ってくれた知人の指示通りに街を目指して歩くだけだった。

なりたい職業も特に無く、只惹かれた職業が見当たらない自分へたまたま通りがかりの人が狩場で狩っている姿を見て、あぁ自分もあぁ慣れたら良いなと思って職を見つけ転職した。

正直、此処までこのゲームにはまるとは思わなかった。

自分自身が言うのもあれですが短気だし、挫折根性しかないし、続いても何週間か程度だろうと思っていた。

転職したばかりの自分はスキルの使い方はおろか、道具の効果説明すら解らずHP回復忘れて良く死んでいたっけな…。

桜サーバーへ軽い気持ちでキャラを作って転職して、飽きてきたかなと思っていた時にスタンプが異常に強くって、狩ろうと思ったけれど手に負えなくて苦戦していた所、通りすがりの戦士さんが手伝ってくれたっけな…。

それがきっかけでその戦士さんと仲良くなって、初めての友達が出来て、その戦士さんと共にクエストをしたな…。

思い出せばこの頃が輝かしいメイプル時代、自分の中ではそう思える。

その戦士さんの名前は検索すれば多分有名な方ですので直ぐばれるだろう。

だからあえて名前を伏せるのだ。

もう2度とあんな過ちを犯したくないので、あえて名前をあげるのを止める。

古くからやってる方なら知らない方あまり居ないはずだし…。

その戦士さんにいろいろ援助して貰って、上がらない自分の為にグルクエに頻繁に誘ってくれて、その方の背中を見てLV上げしてたな…。

アバターを買い始めたのもその戦士さんやその時の旧友さんの影響もあって、初めて髪型服装変えてはしゃいで遊んだのを思い出すな…。

出会いと別れ。

初めて味わった衝撃的な別れは辛い物だった。

急に言われた別れの言葉。

何があったかはあえて伏せますが、自分にとっての輝かしい時代は多分この時消えたのだろう…。

別れを告げられて気持ちの整理もつかないままその相手に気持ちを一方的にぶつけた。

それでも怒らずに僕自身の事を僕以上に考え返してくれた相手は、大分大人なのだなと今でも思える。

別れを告げられて、体調崩して寝込んだ事もメイプルであったりする位このゲームにどっぷりはまっていたなと今でも思える。

周りにLVあげるの遅いよと言われながらも独りで黙々上げていたけれどやっぱり自分はチャット民だなとこの頃から思うようになった。

周りの成長は、早過ぎて自分には手の届かない所へ友達のLVはどんどん上がって…、その頃からサブへ逃げるようになった。

友達と合わせる自分が嫌になった。

友達が嫌いになったのでは無い。

無理してる自分が嫌いになった。

他に魅力的な職が増えたのもきっと飽き性の自分にとって魅力だったのかもしれない。

気付けば自分で周りの後押しもあってギルドを作った。

何人かメイプルの友達を入れた。

サブへ行っていろいろ知って、サブへ行って良かったと思ってる。

自分の事を覚えてくれる知人が、知人とチャットするのが楽しいと、オンラインゲームはこんなに素敵なものなのだと自分に教えてくれたのがメイプルだった。

その関係性の性で問題も度々起こった、喧嘩もいっぱいした。

傷ついてメイプルへ行くのが怖くなって現実逃避という名目でサブへまた逃げる日々が続いた事もあった。

新職の度に新たな出会いと別れがあった。

新たな新職が出る度に初めて作った彼女へ謝罪がしたくなった。

いや…、心の中では彼女への謝罪で苦しめられる事も多々あり…。

それでも最後はステータスめちゃめちゃだけれど、それでも彼女の魅力は自分でも扱いきれないと思う。

彼女を育てる度に出る墓は多分今までのどのキャラよりも多いだろう。

彼女を自分の目指す職にしたのも正直後悔多数したし、自分があの頃目指していた彼女像に育てられているかと言えば多分否だろう。

彼女は目標が見えなければ現在あげていない位だし、でも彼女へ帰りたいと思って密かに遊んでるのは紛れも無い事実。

周りが帰ってきてくれるとは思っていないが、もし旧友が何気ない顔で自分を出迎えてくれるのなら…、その時は思いきって心の中でただいまと言おうと思う。

あの頃からあまり長くは育ってない彼女だけれど多分今までのどのキャラよりも誰よりも彼女の事を好いているのは紛れも無い自分なのだから。

まぁ、自分のキャラだから当然と言えば当然か。

メインって正直何?って思っているのだけれど、彼女の事をメインと言い続けているけれど、正直語弊が有るだろうと思っているけれど、それでも長時間しているという意味では彼女以外にメインキャラは有り得ないと思っている。

彼女有ってのメイプルだし、彼女無ければ桜サーバーには長居しなかったし、彼女のお蔭で桜サーバー内で友達が作るきっかけが出来たし、彼女のお蔭でいろんな職へ学べる機会を得たのだから。

また昔みたいに馬鹿やって、チャットで話して、画面越しだけれど笑ったり泣いたり…、思いでいっぱい作って…、また誰かと傷つくかもしれないけれどそれでも前を向いて歩きたい。

メイプルでは沢山の相談に乗ってくれた方も居た。

自分は正直なさけないと思うし、相手に迷惑もかけたなと思っている。

それでも友達を続けてくれてる方や関係を保ってくれる方の存在は有り難い事だと今なら言える。

今のメイプルで昔みたいに馬鹿やってた時代みたいな事出来るのか?と言われると正直無理な部分も多いけれど…、色褪せた記憶と共に新たな記憶はやって来る。

それに期待して。

あの頃みたく先の展開が解らないわくわくどきどきを求めて。

読みが当ろうが当らなかろうが物語を進めていくのがこのゲームの醍醐味というのなら、作ってみようか、新たな物語。

桜散る頃に決めた密かな覚悟。

出会いと別れ。

全てを背負い込み前へと進む覚悟。

そんな物、自分に無いのは解ってる。

有るのは、絶望。

その絶望に何処まで抗えるか…、輝かしい時代には戻れないのならせめて…。

灰色の世界の中必死に抗い抵抗して見せましょうか…、己自身に。

理想の自分に慣れないと思うのならばせめて…、近づく努力位してみようか…。

幾度と無く蒼い気持ち…、感情が込み上げて来るかも知れない。

幾度と無く涙を流すかもしれない。

悲しみが胸を絞めるかもしれない。

後悔と謝罪に苦しめられるかもしれない。

それでも、色褪せた記憶と共に新たな記憶を胸に抱いて…。

何処までいけるか解らないけれど、今年もまたメイプルで夏を歩んでみようか…。

新たな記憶を求めに…。

新たな物語を紡いでみようか…。

犠牲の上に全ては成り立つのだから…。

後悔する位なら、後悔しても良いと思える自分に成れるように…。

* 此処まで読んで頂き有難う御座います。

* この記事に拍手&コメントは不要です。

* この記事に拍手&コメントが有った場合は失礼だと思っていますが、返答はしませんので予めご了承下さい。
別窓 | メイプルストーリー | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ちょっとSOUNDVOLTEXイベント多過ぎませんか~!?
2013-07-05 Fri 23:19
どうもー、ご無沙汰しております☆

管理人秋桜です。

管理人は元気にしてますよ★

休日の度にゲーセンで音楽ゲームがっつりやり込んでおりますがな☆(藁)

早速本題、本日はタイトル書いてある通りKONAMI様の音楽ゲームのお話ですよ。

知人にちょっと伝えたいという気持ちと本音を織り交ぜた記事になればいいかなと思ってます。

じゃぁ早速続きからがっつり書いていこうと思います☆

今回の記事はほぼ自己満足で書いてますので読者様にはわかりづらいかと思いますので音ゲー解る方だけどうぞです。
ちょっとSOUNDVOLTEXイベント多過ぎませんか~!?…の続きを読む
別窓 | 音ゲー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 暗黒庭園 |

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。